参加アーティスト/渡邊綾乃

渡邊綾乃 WATANABE AYANO

鳥頭と芋虫頭の人物がモチーフの「birdcageシリーズ」と、
シュールな人物や女性がモチーフの「birdbrainシリーズ」
を学生時代より油彩画で制作。物語性のある題名が作品の
持つ寓話的要素やブラックユーモアを引き立てる。

 

渡邊綾乃 コメント
彼らは私にとって「すこしばかり近しい他人」である。
絵に描かれている彼らについて尋ねられることがよくあるが、私自身
彼らについては知らないことも多い。

雨が降って来た。
急な雨に雨宿りしていて、同じく雨宿りの為に同じ軒下にやって来た
他人にはほんのすこし親しみを覚えはしないだろうか。
親近感を覚えるし、同じく雨に降られた仲間という意識すらあるが名
前は知らず、その軒下を出れば2度と会うことはない。
道ですれ違ったところでお互い気づきもしないだろう。
視線も、言葉も交わすことすらない他人。

しかし他人とするには認識が少しばかりはみ出している、が友人知人
と呼ぶにはほど遠い。
私は向こうを知らないし、向こうも私を知らない。
しかしまだ同じ軒下にいる、すこしばかり近しい他人。
私と彼らの距離感は例えるならばその距離だ。
友人ではなく他人、向かい合いお互いを見つめ合うことはない。

雨はまだ止みそうにない。
この長い雨宿りが終わるまでは、近しい他人としてよろしくお願いし
たいものだと思う。

 

渡邊綾乃 略歴
1983年 北海道生まれ
2006年 武蔵野美術大学造型学部油絵学科 卒業
2006年「birDream」(ギャラリーb.tokyo/東京)
2008年 初企画個展「bird garden」(ストライプハウスギャラリー/東京)
2011年 以降、毎年企画個展を開催(ストライプハウスギャラリー/東京)
2012年「第31回損保ジャパン美術財団選抜奨励展」(損保ジャパン東郷青児美術館/東京)出品(推薦作家)
2020年「ヤングアーティスト公募展いい芽ふくら芽2020」入選
2021年「IAG AWARDS 2021」入選
2022年 個展「egg ghost in my pocket」(ストライプハウスギャラリー/東京)
2022年 ヤングアーティスト公募展「いい芽ふくら芽2022inSAPPORO」グランプリ

その他個展、グループ展、アートフェア多数。都内を中心に活動中。

1983年生まれ。北海道出身。

 


渡邊綾乃「faceless」41.0×24.2cm〔2022年〕

 

展示会場

> 十六銀行会場 

> 柳ケ瀬画廊会場

関連記事